ギター_メタル_stratakkブログ

ギター、音楽関連の趣味の話題を扱います。

MOTU M2 レビュー


オーディオインターフェイスMOTU M2にしました!

発売当初から人気な上にコロナウイルスでの生産停止もあり、未だ予約が必要なほどの売れ行きのようです。ハイレゾリューションのHPから予約し、注文から2週間くらいで届きました。だいぶ品薄も解消されたんですかね。

f:id:stratakk:20210129210646j:plain

MOTU M2-1

ピュアオーディオ機器に採用されるESS Sabre32 Ultra™DACテクノロジーを搭載” と、HPにも記載があり出力関係かなり良い感じです。ヘッドホン出力もなかなかで、かなり明るめでクリアな音質です! 

競合機種であるSSL2と迷いましたが・・

solid-state-logic.co.jp

自分は基本ギター/ベース接続でマイク接続しないですし、SSL4000プリアンプ再現は面白そうではありますが、もしSSL4000にしたければ入力音は味付けなく録音してSSL4000のプラグインでもいいしなぁと思いM2にしました。

M2のDACについては特長として記載がありましたが、じゃADCは?と思い色々見ていたところ海外の掲示板で兄弟機のMOTU M4を相当詳細に解析しているのを見つけました。

www.audiosciencereview.com

そもそもここまで解析されて掲示板にのせてしまうんですね・・・。このレポートによると、M4(M2)は音響関連での主要部品は下記のようです。

DAC: ES9016S

ADC: AK5552VN(M4はAK5554)

MCU(USBコンバート): XMOS XU216-256-TQ128-C20

入出力オペアンプ:OPA1768, 4580R(ROHM?),

ヘッドホン用バッファオペアンプ:OPA1688

入力ゲイン調整アンプ:THAT6263 

ESSと並んで各部品も最高級!とは言うレベルではないようですが、ADCの旭化成AK5552もD-range 115dBとまずまずの性能です。EINのスペック的には-129dBu達成とのことで設計的に相当なローノイズだと思います。

USBコンバートをしているXMOSは一時期「高音質」ということで話題になっていたと思います。

ヘッドホンアンプ用のOPA1688はRMEのADI-2 DACでも使われているようです。オーディオ特化ですかね。

これらの部品を使いながら約2万円という売価は半端じゃないですね。価格破壊レベルのように思います。特筆するDSP機能はあまりないようですが、”コンパクトでシンプルに良いもの”という要求にはベストマッチだと思います!

h-resolution.com

BRAINWORX Diezel HERBERT プラグイン レビュー

Brainworx (Plugin Alliance)のギターアンプシミュレーター プラグイン Diezel HERBERT をレビューします。これはDiezel公式でNembrini audioがシミュレート部分を担当したプラグインです。同社のVH4プラグインと同様かなり良いです!

f:id:stratakk:20210124095836p:plain

Brainworx HERBERT top

BRAINWORX Diezel HERBERT デモ音源

BRAINWORX Diezel HERBERT プラグインを使用してデモ音源を作成しました。

ギター(Ibanez RG7421PB)はダイレクトにPCインターフェイスで録音し、インサートエフェクトでアンプシミュレータをかけています。

後半にギター+ドラムのみ、ギターソロ+ベース+ドラムにしてよりギターの音がわかりやすいパートを入れております

youtu.be

 

BRAINWORX Diezel HERBERTプラグインの構成

BRAINWORX Diezel HERBERTは下記の構成となっています。

①アンプセクション:CH1~CH3
②FXラック(入出力調整、レコーディングチェイン、ポストエフェクト)

各セクションの音と操作の印象

アンプセクション

f:id:stratakk:20210124100147p:plain

HERBERT plugin amp part

CH1クリーン、CH2:クランチ〜ディストーション、CH3;ディストーションとなっています。とにかく全CH音が良いです。

CH1クリーンは素直な音で、BASS/MIDDLE/TREBLEのEQ とDEEP/PRESERNCEのコントロールも合わせてかなり音色の幅があります。

実機同様CH2は「-/+」の切り替えでゲインが変化します。CH2はクランチからCH3と同様のディストーションまで幅広いです。CH2とCH3 は結構音色が違い、CH2はCH3よりもフラットな音で歪みに荒々しさがあります。CH3はCH2よりもマッシブな音で歪みが細かく重厚な響きをします。

各CHのEQのMIDDLEとMIDCUTの設定バランスでかなり音の印象が変わります。

FXラック

右上の「FX Rack」をクリックするとアンプ以外の調整項目が現れます。

f:id:stratakk:20210124100908p:plain

Brainworx Diezel HERBERT FX rack
入出力調整

f:id:stratakk:20210124100334p:plain

HERBERT-I/O edit 1

f:id:stratakk:20210124100441p:plain

HERBERT-I/O edit 2

ノイズゲート、フィルタ(Tight/ Smooth)、Input Gain、Power Soakと一通り必要なものが揃っています。「Tight」と「Smooth」はそれぞれ低域、高域のフィルタとなっており、挿入位置をアンプの前段/後段から選択できます。

Power Soakはプラグイン自体の出力レベル調整となっており、アンプのマスターVolumeをあげてパワー管の歪みを足し、このPower Soakで全体の音量調整という感じですね。ここはVH4プラグインと同様です。

レコーディングチェイン

f:id:stratakk:20210124100556p:plain

HERBERT Rec Chain

キャビネット/マイク/録音時のプリアンプ/録音時のプリEQ までのシミュレートとなります。数字で一つ選び、右側の「RC Infoボタンを押すと、キャビネットと使用しているスピーカーユニット、マイク、マイクプリアンプ(卓)、EQの詳細がみれます。かなりの種類があります。選べる大枠の種類(キャビネット)はVH4と同様Diezel, Marshall, Mesa/Boogie, Orange, Shurなのですが、各キャビネットの搭載しているスピーカーユニットやマイクとプリアンプの組み合わせがVH4と全然違います。HERBERTに合わせてありますね。

HERBERTにはMESA 4X12 (スピーカーはCelestion V30)が全体的に結構良い印象でした。またマイクはノイマンのCMV563を使ったもの、プリアンプはNEVE VXSとAMEK9098を使ったものがどれも結構い感じでした。余談ですが、スピーカー/マイクシミュレータやキャビネットIRを色々使っていると、こういったマイクや卓ミキなどの定番ものにも詳しくなって来ますね。

ポストエフェクト

f:id:stratakk:20210124100652p:plain

HERBERT Post EFX

アンプ後段のエフェクトとしてDelayがあります。コントロールはいたってシンプルなディレイです。ここはVH4同様ですね。

全体の所感、まとめ

音もよく動作も軽い。最高です。クリーン、クランチ、ディストーション全ていいです。歪みのきめ細かさや重厚な中低域はまさにメタル向きで、考えようによってはVH4よりもHERBERTの方が汎用性あるかもしれません。VH4はHERBERTに比べると荒々しくワイルドな感じなんですよね。VH4もメタルも全然いけますがHERBERTのような音は出ませんし、HERBERTでVH4のようなザラッとした歪みも出せないです。両方持っていても使い分けられるくらい、方向性が違うと思います。

メタルメインならHERBERTの方がオススメですね。荒々しいロックやパンクなどがメインならHERBERTよりもVH4のがいいと思います。

Brainworxでは他にも色々アンプシミュレータはリリースしていますが、Diezelの2機種の完成度は段違いに素晴らしいですね。Nembrini Audioのアンプシミュレータ+Brainworxのキャビネット/マイクシミュの奇跡のコラボ的なプラグインに思えます。
少し価格は高いですが、そこはPlugin Alliance。頻繁な値引きを狙いましょう!最安で$29.99で買える機会が年に何回かあります!

↓公式HP

www.plugin-alliance.com

 

JST Toneforge Misha Mansoor アップデート!

先日下記でレビューもした JST(Joey Sturges Tones) Toneforge Misha Mansoorですが、

JST Toneforge Misha Mansoor プラグイン レビュー - ギター_メタル_stratakkブログ

なんと、これまでの購入者全員(おそらく)に対し、無料のアップデートがありました!

JST Toneforge Misha Mansoor Ultimateとなっております。

f:id:stratakk:20210117092949p:plain

JST-MM-Ultimate1

アップデートの内容はファクトリープリセットとアンプのリアパネル調整、そして自動入力レベルアジャスト機能となっています。

もともとAdvancedでできていた内容ですね。

プリセットはMishaのプリセットとJoey Sturges Tones のプリセットがClean/Crunch/Leadそれぞれあります。

 

さて、期待していたアンプリアパネルの調整なのですが結構色々いじれます。

f:id:stratakk:20210117092921p:plain

プリアンプの真空管のタイプ&EQ、パワー・アンプの方式と真空管タイプ。ここはさらにバイアスとレゾナンス調整可能。

そして電源トランスの種類の変更とコンプレッションなど変更可能となっております。盛りだくさんですね。

パワー・アンプのトポロジーと電源トランスの種類はかなり音質が変化します。作れる音の幅が広がりましたね。電源トランス= BRITISHの設定が良さそうです。

 

基本的にエクストリームな方向性というかかなり特徴的な音が出のプラグインなので、このアップデートによって音の幅は広がったとはいえ、全く汎用的ではありません。攻撃的なブルータルサウンドにはとてもオススメです!

 

Toneforge™️ Misha Mansoor Ultimatejoeysturgistones.com

Softube Marshall プラグイン比較 レビュー

SoftubeのMarshall アンプシミュレータ プラグインをレビューします。Marshall本家公式ということもあって、アンプの実物感が圧倒的です!

f:id:stratakk:20201226091500j:plain

Softube-Marshall-1

Softube Marshall プラグイン 比較デモ音源

プラグイン比較デモ音源を作成しました。音源はプラグインを変えたのみです。今回はmomoseのストラトMC1-STDを使いました。全てフロントピックアップ(Seymour Duncan SSL-1) で弾いています。

youtu.be

Softubeの公式解説にキャビネットも含めてのアンプの音が語られていましたので、それぞれのアンプのデフォルトと思うキャビネットを選択しました。また、似た音になるように、というよりはそれぞれのアンプの得意な音の印象で設定しました。アンプそれぞれのキャラクターの違いが結構わかると思います。

比較したプラグイン

今回下記4つのSoftube アンプシミュレータを使っています。

①Amp Room
②Marshall Super Lead 1959
③Marshall JMP2203
④Marshall Silver Jubilee 2555

SoftubeのMarshallシリーズのラインナップを見た時に「JCM800がないな」と思ったのですが、Amp Roomのアンプの一つとしてラインナップされていました。SoftubeのMarshallプラグインはこの他にBlues BreakerとKerry Kingシグネイチャーもあるのですが、今回はロック系のアンプに絞りました。 

各アンプシミュレータの特徴と音の感想

Amp Room (JCM800) 

f:id:stratakk:20201226101029p:plain

JCM800-1
Amp Room概要

Softubeのギター/ベース統合プラグインです。。各種エフェクター、アンプ、キャビネット/マイクシミュレータ、コンソールプラグインが一つになっており、エフェクトもアンプも全てルーティングが自由自在となかなかに高性能です。もともとAmp Room, Vintage Amp Room, Bass Amp Room, Metal Amp Roomとしてそれぞれラインナップがあったようですが、今は全てAmp Room一つにまとまっています。

ギターアンプFender Twin Reverb, Vox AC30, Marshall JCM800, Engl Fireball(多分)があります。どれもクオリティが高いです。また、マーシャル公式ということでエフェクターにGuv'norがあります。Guv'norプラグインは意外と珍しい気がします。

キャビネット/マイクシミュレータは少し特徴的で、基本的にはキャビネットとマイクを選ぶだけで、細かい設定はありません。

f:id:stratakk:20201226105810p:plain

Amp Room Cabinet

元Metal Amp Roomにあった2種類のキャビネットはマイクの種類は固定ですが、オン/オフマイク、スピーカーからの距離とマイクミックスが可能です。

f:id:stratakk:20201226105851p:plain

Metal Room Cabinet

コンソールも、ただのコンプ/EQセクションではなくAPI Audioのコンソールシミュレートです。このクオリティで$149定価なのでそこそこお得感があります!

JCM800プラグインの音と操作感

 操作は実機そのものです。特別な設定もないので迷わないですね。あまり効かないMIDDLEやTREBLE, PRECENSEの変化の感じも実物っぽいです。PRE-AMPボリュームと音量を決めるVOLUMEの設定がポイントですね。VOLUMEが下がった状態だと低音が少なく薄い音になるあたりもいいですね。PRE-AMPはあげると低音側が歪んでいく感じです。PRE-AMPの歪みは上げると結構ブリブリするので、個人的にはVOLUME全開の状態からPRE-AMPや前段のオーバードライブで歪みを増やしていくといい音を探しやすいと思いました。今回の他のマーシャルプラグインと比べると、「なるほど誰もが使ったアンプである」ことが納得できる、そつなく扱いやすい印象です。「マーシャルっぽい」でデフォルメされていない、実機アンプ感がします。

Marshall Super Lead 1959

f:id:stratakk:20201226101201p:plain

Plexi-1
Super Lead 1959プラグイン概要

マーシャルアンプについては概要説明はもはや必要ない気がしますので割愛します。このプレキシマーシャルを始め、その他マーシャルアンプは全て単体プラグインとしても使えるのですが、Amp Roomの拡張アンプとしても機能します。またマーシャル本社のリファレンス機をモデリングしているということでやはり他社のマーシャルプラグインとは一線を画すものかと思います。

Super Lead 1959の音と操作感

このプラグインの最大の特徴はCH1とCH2のリンクの再現ですかね。CH1は高音主体、CH2は低音主体でそれぞれかなり特徴的なので、どちらのチャンネルをメインで使うかをある程度ターゲットを決めて音作りをすると良いかもしれません。

実機を弾いたことがなかったので、マーシャル1959といえばVAN HALENサウンドが出せるだろう!と勝手に思っていたのですが・・・いやはやブラウンサウンド、難しいです。使いこなせばできるかもですが、おいそれとは出せませんでした。音の印象としてはどちらかというと、ジミヘンのFoxy Ladyのあのリフの高音が体感できた印象があります。あまり歪まないだろうと勝手に思っていたのですが、全開だと相当歪みます。そしてEQの効きかたも強烈です。手軽に全開設定ができるのはプラグインならではですね。かなりじゃじゃ馬感がありますがそれがすごくマーシャルアンプっぽいです。 

Marshall JMP 2203

f:id:stratakk:20201226101302p:plain

JMP2203-1
Marshall JMP 2203プラグイン概要

このアンプについてはあまり知りませんでしたが、JCM800の前身のモデルみたいですね。ランディーローズはこれだったんですね。

Marshall JMP 2203プラグインの音と操作感

「後のJCM800」と言われると「ああ、確かに」と思う部分もありますが、JCM800 とはかなりキャラが違います。こちらの方がよりトレブリーで、高音はストレートに伸びる感じがあります。PRE-AMPとMASTER VOLUMEを操作した時の高音/低音の増え方がJCM800とは逆で、MASTER VOLUMEを上げていくと高域が増えていきます。高音が目立つので、こちらもなかなかコントロールが難しいアンプですね。EQの効き方はJCM800よりもはっきりしています。うまく音作れるとなかなかハマります。歪みの少ない音はJCM800よりもこのアンプの方が得意な印象がありました。

 Marshall Silver Jubilee 2555

f:id:stratakk:20201226101344p:plain

Silver Jubilee-1
Marshall Silver Jubileeプラグイン概要

このアンプもなんだかんだ最近知った気がします。復刻版が出たりとより人気増えている気がしますね。スラッシュはJCM800の印象でしたが、Silver Jubileeだったんですね。

Marshall Silver Jubileeプラグインの音と操作感

全体的に結構ドライな音がします。 歪みもそこまでブリブリせずに(全開にすればブリブリしますが)上げられる感じがありますね。OUTPUT MASTERとLEAD MASTER両方全開にした時のトーンがめちゃめちゃいいです。他のマーシャルプラグインと比較すると、非常に扱いやすい!と思いますが、一般的に考えるとセッティングはかなりシビアに思います。PRE AMPの設定で歪みの質感がだいぶ変化します。ハマればクランチも深い歪みもどっちもいい音出ますね。これは良いですよ!Rhythm ClipはJCM900でもあったダイオードクリップということで、要はエフェクターですね。JCM900のあの薄っぺらな歪みは個人的に全く好きではなかったですが、このプラグインのDiode Clipはそこまで変な音になる印象ないです。でもあんまり使わないかな・・・。

Jubileeのコンソールセクションもなかなかよくて、コンデンサ/ダイナミックどちらのマイクもキャラクター違いとして使える音がでる感じです。

4つのプラグイン全体的な所感、まとめ 

SoftubeのMarshallプラグインの実機感、相当です!ちょっと間違えるとすぐ高域がシャーシャーなるところや、ゲインを上げすぎるとブリブリした音になるところなど、他のプラグインにはない本物のマーシャルアンプな感じがあります。単にEQで高域あげればいいとか、そういうことではなくボリュームのバランスやオーバードライブのトーン設定などで音を作っていける感じは非常に楽しいです!これまでのマーシャル系プラグインに対して「いいけど、なんか実際は違うんだよな」と感じていたマーシャルアンプ好きなユーザーは是非使ってみることをおすすめします。キャビネット/マイクシミュレータも全体的に良いです。低域も高域もレンジが相当広く感じます。ここまでのものはなかなかないかもしれません。ただその分、曲全体になじませるためにはギタートラック自体で、コンプやEQがなどアンプシミュレータの外での音も作り込みが必要と思います。

今回のマーシャルアンプを比較してそれぞれのアンプのキャラクターの違いがよく分かったりました。それぞれが、それぞれで得意/不得意がありますね。個人的な印象は下記の通りです。

Super Lead 1959: オールドなロックの音やるならこれかな。意外と歪む。ハムバッカーの方が合いそうかも。

JMP2203: クリーン、クランチがかなり良い!抜けの良いジャキッとしたサウンドが得意。

JCM800: 中域メインのマイルドでリッチなディストーションが良い。扱いやすい。クリーンも張りがある。

Silver Jubilee: 上記3つよりモダンでドライなサウンド。クリーン、クランチ、歪みどれを使ってもいい!

さて、音はいいんですがネックは価格かなと思います。Amp Roomは機能も多く音もいいのでぼちぼちなのですが、その他の追加アンプがひとつ$149は流石に高すぎる気がしますね・・・。全部揃えると相当ですよ。他の統合系ギターアンププラグインと比べるとかなり割高ですね。「とにかく実機マーシャルに近い音が欲しい!」というユーザーにはおすすめです。が、トライアルで全て試してからもっとも気に入ったアンプだけを買うくらいがいいような気がします。

 

www.softube.com

 

NEMBRINI AUDIO BST100 V2 プラグイン レビュー

NEMBRINI AUDIO プラグイン BST100 V2をレビューします。

SOLDANO SLO-100のプラグインです。クリーン、クランチ、ドライブ、どれもいい音が出せて使いやすいプラグインでした!

f:id:stratakk:20201215224937p:plain

BST100-1

NEMBRINI AUDIO BST100 V2 デモ音源

NEMBRINI AUDIO BST100 V2プラグインを使用してデモ音源を作成しました。

ギターはダイレクトにPCインターフェイスで録音し、インサートエフェクトでアンプシミュレータをかけています。

youtu.be

NEMBRINI AUDIO BST100 V2プラグインの構成

NEMBRINI AUDIO BST100 V2 は下記の構成となっています。

①アンプセクション
②キャビネット/マイクシミュレータ
③IRローダー

各セクションの音と操作の印象

アンプセクション

NEMBRINI AUDIOのプラグインは、先日レビューしたDUAL CALIも同様でしたが、実機アンプそのままです。今回のBST100 V2でもアンプのチャンネルはCLEAN/CRUNCHの2チャンネルに加え、それぞれのチャンネルでNORMAL/BOOSTを選ぶことができるため、音色としては4チャンネルに近い構成となっています。

Cleanチャンネル

結構太い音の印象です。 NORMALだと全く歪みのない音が出ます。EQのきき方が想像通りでコントロールしやすいです。太い艶のある音という印象ですね。BOOSTにすると結構ダーティな歪み方をします。

CRUNCHチャンネル

低音から高音まで全部がバランスよく歪む感じです。この辺りなんとなく古めなアンプの感じがあります。低音のタイトさというかアタックみたいなものは低域が歪むのであまりでない感じですが、歪み方が細かく低音がより太くなるような印象があります。NORMAL時のクランチがかなりいい感じですね。またNORMAL/BOOSTで音色自体はあまり変化せず歪みが増す感じです。パワー段の歪みみたいなものはあまりない印象で、MASTERを全開にしても絞っても歪みの感じは変わりません。

キャビネット/マイクシミュレータ

f:id:stratakk:20201215235032p:plain

BSTー2

一つのキャビネットにマイクを2本+アンビエンスのマイクシミュレートがあります。DUAL CALIはキャビネットシミュレータよりもIRを使う方が断然良かったですが、このBST100  V2はキャビネットシミュレータと非常に相性が良いです。特にSOLDANOのキャビネットシミュレータの"SLD 4x12 LEGEMD"が歪みの音とかなり相性がいいです。そしてMarshallのキャビネットの"MRH 4x12 G12"もBST100と相性が良く、こちらはクリーン/クランチで使用するとアンプで抑えめな高域がよく出てきて非常に扱いやすい音が出せました。

 IRローダー

DUAL CALIと同様のIRローダーでBST100でも3つのIRを合成可能でした。今回のデモではIRは使用せずでした。

その他

 入出力レベル、高域低域のフィルタ、ゲートがあります。NEMBRINI AUDIOのその他のプラグインと同様であると思います。CLEANERセクション(フィルターエフェクト)が「あと一味」という時になかなか使いやすいです。今回「ちょっと高域がきつい」という時にHARSHを少しあげて使いました。いい感じにマイルドになります。

全体の所感、まとめ

SOLDANOというと、最近のモダンメタル界隈で使う人を全然見ない気がしました。やはり80-90年代のギターソロに定評のあるプレイヤーが使っていた印象が強いので、どうかな〜?と思ったのですが、なかなか良いですね!クリーンとクランチがすごくいい音が出ます。全然モダンメタルもいける感じがしました。中高域が非常にクリアでかなりコードの分離感が感じられます!歪ませた時の低音の出方はやっぱりなんか80年代HR/HMっぽいですが、その分オーソドックスなメタルなどには向いている気がします!それにしてもNEMBRINI AUDIOのプラグインはなんだかいいですね。素直な音というか。SOLDANOの実機は弾いたことなかったのですが、実機レビューの動画を見ると同じようなニュアンスを感じました。DUAL CALIもそうですが、実際のアンプにかなり近いのではないでしょうか。

 

↓公式HP

BST100 V2 Super Overdrive Guitar Amplifierwww.nembriniaudio.com