ギター_メタル_stratakkブログ

ギター、音楽関連の趣味の話題を扱います。

EVH 5150III アンプシミュレータープラグイン 比較 レビュー

VAN HALENのシグネイチャーアンプとして人気の EVH 5150IIIですが、元々のヴァンヘイレンアンプであるPeavey 5150のプラグインに比べて意外とEVH 5150IIIのプラグインは数が少ないようです。今回はこのEVH 5150IIIをモデリングした、3つの単体系アンプシミュレータプラグインの比較レビューをします!

EVH 5150III プラグイン比較デモ音源

プラグイン比較デモ音源を作成しました。音源はプラグインを変えたのみです。今回はGIBSONレスポールカスタムを使いました。全てブリッジピックアップ(Bare knuckle製Juggernaut) で弾いています。

youtu.be

前半はハードロックなトーンでVAN HALENの「Unchained」のリフを弾いてみました。後半のモダンメタルトーンはオリジナルの曲です。

比較したプラグイン

f:id:stratakk:20210402054321j:plain

EVH 5150 amp sims

今回下記3つのEVH 5150III アンプシミュレータを使っています。

①Audio Assault AHM 5050

②STLTONES TONALITY ANDY JAMES

③ML sound LAB, ML ROOTS 5034 Fluff

各アンプシミュレータの特徴と音の感想

1. Audio Assault AHM 5050

AHM 5050 概要

f:id:stratakk:20210402054411p:plain

AHM 5050 -EL34

最近、急にレベルが上がりかなり音のいいプラグインを連発しているAudio AssaultからリリースされたEVH 5150IIIシミュレートプラグインです。特徴は「BALANCE」というノブで、パワーチューブを6L6とEL34の間でミックスできる点ですね。パワー菅によって中高域のトーンが結構違うのでブレンドすることで、実機にはない音色を作れます。また、EVH 5150IIIアンプとしてのLEAD/CRNCH/CLEANの3チャンネル構成になっています。

f:id:stratakk:20210402054629p:plain

AHM 5050 setting

AMP MODELで「STANDARD」と「MY AMP」というのが選択できます。解説によると「実際、電子部品や状態によって同じアンプといえど千差万別であって、MY AMPにするとあなただけのアンプサウンドになる」とのことです。効果のほどはというと、STANDARDとMY AMPで確かに違うかな?でも違うと言われなければ気づかない、か、言われてもわからないかも?くらいの差に思います。コンセプト通りとは思いますが明確な差分見たいのは特にないですね。試みとしては面白いと思いました。

AHM 5050プラグインの音と操作感

デフォルトのキャビネットIRの「AHM5050 4 x12」が非常にマッチしておりかなりいいです。EVHらしい突き抜ける高域はそのまま中低域が実機よりもアグレッシブなサウンドで、モダンメタルサウンドとしては文句ないです。パワー菅のキャラクターによって6L6だとよりドンシャリに、EL34だと少しピークになる帯域が上がり、リッチな感じが出ます。EL34にした時にはハードロックな音も非常に気持ちがいい!コントロールもよく効きますし音作りの幅はかなり広いです。

STLTONES TONALITY ANDY JAMES

TONALITY ANDY JAMESプラグイン概要

f:id:stratakk:20210402054834p:plain

STLtones-AJ

TONALITY ANDY JAMESではEVH 5150IIIはLEAD CHのみで、他にはCLEAN CHとしてVOX AC30、もう一つのアンプとしてPEAVEY 6505アンプが選択できます。こちらはパワー菅がEL34/6L6/KT88とセレクト可能になっています。詳しいレビューは下記をご参照ください。

stratakk.hatenablog.com

TONALITY ANDY JAMESの音と操作感

以前詳細レビューをしましたが、あの時から現在はバージョンアップしています。いまいちな原因であったキャビネットシミュレータが全く新しくなり、広域の抜けが非常に改善され、かなり良くなりました。マイクの角度まで設定できます。

f:id:stratakk:20210402055133p:plain

STl-AJ-cab

改めて聞くと、このプラグインはなんというかかなり自然なアンプの響き方をするように感じました。キャビネットが改善されたおかげで高域が抜けて、音作りの幅がかなり広がったと思います。中域がリッチでソロやハードロック的な音がいい感じです。一方でモダンメタル的にミドルを削ろうとすると、BASSをかなりあげねばならず(MIDを下げるだけだともあんまりドンシャリにならない)低域が多すぎな感じがあります。

ML SOUND LAB. AMPED ROOTS

AMPED ROOTSプラグイン概要

f:id:stratakk:20210402055402p:plain

AMPED Roots

ML SOUND LABから出ているAMPED ROOTSというアンプシミュレータがあり、EVH 5150IIIシミュレートの「5034 Fluff」 というアンプモデルだけならなんとフリーで使用できます。あまり詳細な設定などはできませんが、CAB SIM、プリエフェクトもありフリーということを考えると十分すぎるかなと思います。購入することで使用できるアンプがあと3つ増えます。

AMPED ROOTS 5034Fluffプラグインの音と操作感

かなりファットなサウンドですね。VAN HALEN的なハードロックな音は単体では出せず、別のキャビネットIRなど使用する必要があるかなと思います。しかしモダンメタルサウンドは単体でもかなりマッシブで使いやすい音が作れました。実機に似てるか?と言われると「歪み方がそれっぽい」というレベルかなと思います。「メタルで使いやすい、いい音が出るアンプシミュレータ」という感じかなと思います。残念な点といえばステレオモードがないことくらいですかね。2ch立ち上げないといけないし、地味に面倒かもと。

3つのプラグイン全体的な所感、まとめ 

今回は特に「外部IR使用せず、単体でどうか?」というところをポイントにしましたので、それぞれが非常に特徴的です。個人的な印象は下記の通りです。

■Audio Assaut AHM 5050: 

一番アグレッシブなサウンド。音作りの幅も広い。何よりデフォルトの「AHM5050 4x12」キャビIRが優秀すぎる!

■STLTONES TONALITY ANDY JAMES

スムーズなトーンが向いている。ロック〜ハードロックくらいのミドルが大切な音が得意な感じ。実機にはもっとも近いかもと思います。

■ML SOUND LAB. AMPED ROOTS 5034Fluff:

とにかく音が太い!メタル〜メロコアとかそのへんのコードでゴリゴリ弾く感じには一番マッチしそう。低音重視ならこれかなと思います。 

やっぱりEVH 5150IIIシミュレータとしては、AHM 5050がおすすめかなと。JST Toneforge Misha Mansoorと少し似た音の印象も感じました。DJENTも全然いけますね。現時点でのEVH 5150 IIIプラグインとしては最高ではないでしょうか。また価格も安いんですよねAudio Assault。値段に見合わないクオリティの高さだと思います。

↓公式HP

audio-assault.com

 

Amped Roots Freeml-sound-lab.com

 

Tonality - Andy James Guitar Plug-In Suitewww.stltones.com